読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フアミコン兄さんの朝までアップアップ

twitterで流してしまうにはもったいないネタをこちらへ。お問い合わせはtwitterID:@fcneetまで。

RaspberryPi3の放熱を考える

RaspberryPi3(以下ラズパイ3)が発売してしばらく経ちますが、2に比べて大幅に発熱が多くなったと言われています。公称消費電流を見ると、5V2.5Aと実に12.5Wもの消費電力です。今回はラズパイ3の放熱について考えてみます。

 

続きを読む

手のひらサイズのS98プレイヤーを作る

4周遅れくらいですが、僕も手のひらサイズのS98プレイヤーを作りました。

 

_DSC0022

これは何?

 SDカードに入れたS98ファイルをスタンドアロンで再生できるボードです。YMF288(OPL3)の実チップを使ってOPN3-L用の楽曲を再生できます。ボード上にマイコン(ATMEGA328)、Sdカードスロット(基板裏面)、YMF288、DAC、アンプ、操作ボタン、表示用LCDを搭載しています。

 

続きを読む

RaspberryPiとの接続を想定した自作FM音源ボードを作りました

SPIバスでRaspberryPiとの接続を想定したFM音源(YM2151)ボードを制作しました。

f:id:naki2080:20140314231738j:plain

 

続きを読む

FM音源伝説で取ったYM2151を鳴らしてみる

■背景

夏頃から秋葉原FM音源伝説というガチャが出現し、話題となっています。

 

参考:往年のFM音源チップをガチャガチャで販売開始(秋葉原ラジデパ)

 

これはガチャガチャの中に本物のFM音源チップを入れて販売しているものです。(さすが秋葉原ですね。)

f:id:naki2080:20131001172842j:plain

 

続きを読む

Apple Wireless Keyboadを買い換えた

先日、今まで使っていたAppleWirelessKeyboardの上に猫がゲロしてしまい、懸命の救命活動の甲斐なくお亡くなりになりなりました。キーボードごと水洗いしたり、やられたキーを取り外して接点の洗浄を試みましたがダメでした。

 

参考:黒酢タレがかかってしまったApple Wireless Keyboard

http://moridenki.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/apple-wireless-.html

 

高級な関数電卓みたいなこのキータッチが好きで、今更他のキーボードには馴染めません。という訳で、しかたがないので新しいキーボードを買って来ました。

新しいAppleWirelessKeyboardをWindowsで使用するにあたって、以前とは使用できるまでの手順に違いがあったので、メモがてらブログに書いておきます。

 

続きを読む

上海問屋のレコードプレーヤー(DN-USB-TP01)に自作フォノイコライザを組込む

ふと、レコードプレーヤーが欲しくなったので上海問屋のUSB接続レコードプレーヤーを買ってみました。

http://www.donya.jp/item/19011.html

USB1本で電源供給、録音までできるスグレモノです。

このままでは聞けなくはないですが、受動部品だけで構成されたフォノイコライザがどうにも気になります。(再生サンプルもあります。)

http://blog.livedoor.jp/orcinus_/archives/52437554.html

 

せっかくなのでオペアンプで作った自作のフォノイコライザに交換と、外部電源化してみました。

 

続きを読む

JERRY Fab vol.2で作ってきました

f:id:naki2080:20120722224413j:plain

何か作ろう系イベントのJERRY Fab vol.2でYMZ294ボード(のプロトタイプ)を作ってきました。

 

※JERRY Fab vol.2

https://www.facebook.com/ical/event.php?eid=174040246060572

 

時間の関係(と気力の関係)で、チップのみを実装しただけとなっています。(えらく殺風景ですね。。。)

 

今の所、Arduinoと接続していますが、このボードをI2C経由でRaspberry Piボードと接続出来るようにする予定です。(今の所はPSG Shieldの回路をほぼそのまま作った形になっています。)

 基板の空いている場所にI2CtoGPIOブリッジ、YMZ294制御用CPU、アナログ系回路などを増設します。

 

最終的に、「Raspberry Pi+Linux環境で動く、I2Cドライバ+今回作ったYMZ294ボードのドライバを自前で書けたら相当に力がつくだろうなー。」という目論見です。