フアミコン兄さんの朝までアップアップ

twitterで流してしまうにはもったいないネタをこちらへ。お問い合わせはtwitterID:@fcneetまで。

YDA142を使ったI2S入力のデジタルアンプ

去年辺りから秋月電子ヤマハのI2S入力、デジタルアンプICのYDA142が取り扱われ始めました。webに作例が無かったので僕が作ってみました。10年以上前のICのため最大48k16bitまでのハイレゾ非対応と、今としては時代遅れのスペックですが、ヤマハらしいつややかな音です。ICがI2S入力のため、ラズパイのI2S出力でも使えるようにラズパイDACボードと互換性のあるように作りました。

回路設計で一部ミスがあり、組み立てた後数日いじくりまわして無事音が出ました。ラズパイだけでなく、前回作ったUSB-IFと2階建にしても使えます。

視聴した感じではさすがに10年以上前のICなので、流石に鮮烈な感じはありませんがヤマハらしい優しく気持ち良くつややかな音です。

特別な高いパーツを多用したり、パーツをてんこ盛りしたりするような事はあまり好きではありません。なるべく一般的な部品だけでキチンと鳴るように設計します。基本に忠実に、要点を押さえた部品選び設計します。

回路と基板設計を微修正して量産試作工程へ移ります。

回路図は以下のリポジトリで公開しています。

github.com